ライブハウス

ライブに行くときに必要な『ドリンク代』って?

ライブハウス
Photo by Minesh Patel on Reshot

チケットに書いてある「ドリンク代別」って、

初めて見た時不安ですよね

ドリンク代とは?

ライブハウスでライブを見るときの「ドリンク代」について、
簡単にまとめてみます。

簡単に言うと

居酒屋さんのお通しのようなものです。
ざーーーーっくりというと
チケット代 → アーティスト への支払い
ドリンク代 → ライブハウス への支払い
こんなイメージです。
ただし、
居酒屋のようにお通しカットはできませんの気を付けてください。
お金をロッカーにしまっていると余計な出費になってしまいます。

かかる値段は?

ちょっと前までは、ワンコイン(500円)でしたが
最近では600円や700円に変更となったライブハウスが多いです。
ライブハウスごとに値段が違うので、
入場時にお金が足りなかったってことがないようにしましょう。

余談ですが、500円時代は
1000円を出して「後ろの人と2人分です」ってやったりすると、
慣れてる感を醸し出すことができました。

ドリンクチケットを渡す側からしたら面倒だったかもしれませんが…

ソフトドリンクとアルコールで違う?

先ほどの値段ですが、
ソフトドリンクとアルコール関係なく、
一律料金のライブハウスが多いです。

私の知る限りでは、値段が違うのは
千葉LOOKくらいですが、他にもあるかもしれませんね。

chiba LOOK ドリンク料金変更のご報告

消費税が色々と変わってきているのに
創業以来26年間ドリンク料金を変えてこなかったというのは
ライブハウスの人情を感じます。

いつ払うの?

建物に入る直前、
チケットをもぎられた後に支払うことが多いです。

ちなみに、
千葉LOOKではこのタイミングで、
「どっち?」と聞かれます。
ソフトドリンクとアルコールのことですが、
「アルコール」の場合、
それを証明するスタンプをチケットに押されます。
交換するときに必ず見せましょう。

お金の代わりに渡されるもの

コインやドリンクチケットが多いです。
コインは「ライブの記念に!」と持ち帰りたくなりますが、
そうためのものではないので、ちゃんとドリンクと交換しましょう。

左は、恵比寿LIQUIDROOMで配られている缶バッジ
右は、Zeppで配られているコイン

いずれも少し前のやつです。

交換するタイミングは自分で決められる

ドリンクはお金を払ったときに渡されません。

だいたいのライブハウスは、
受付場所とドリンクを提供する「バー」の場所は別ですので、
その場でソフトドリンクを渡されることありません。

その人の見方によって変わる

では、どんなタイミングでドリンクを交換したらいいのでしょうか?

基本的にはバーはライブ終了後の方が混雑します。
それを踏まえて話を進めていきます。

公演前に交換する場合

・フロアの前方に行かずに後方で見る方
・終演後に時間がない方

注意点

・渡される時は缶ではなくプラスチックコップの場合が多い
→演者に投げるつけられることを防止するためですが、そんなことする人はライブハウス来なければいいのに。(水などはペットボトルです。)
・トイレに行きたくなる
→スタンディングライブの場合、トイレから帰ってきたときに元の場所に戻ることは難しいです。
ワンマンライブの場合、公演時間は1時間半~2時間半くらいです。
長い場合は3時間を超えるときもあるので注意しましょう。

公演後に交換する場合

基本的には先ほど述べた理由がない方は後に交換することになると思います。
また、公演後はビールを缶ビールで提供するライブハウスもあります。
(新木場 Studio Coast、千葉LOOK etc.)

ただ先ほども述べた通り、大変混雑します。
Zepp Tokyoの場合は、一度場外に出たりもするので5~10分

新木場 Studio Coastは、カオス状態と化します。
水や缶ビールは渡すだけなので比較的早いですが、
ドリンクメニューが豊富なこともありフロアから出て15分くらいかかる場合もあります。

ドリンクメニューについて

基本的には、
アルコール類
・ビール(生ビール、缶ビール)
・チューハイ
・ハイボール 当

ソフトドリンク類
・水
・エナジードリンク
・お茶
・炭酸
・オレンジジュース 等

最後に

ドームやアリーナ等のライブにはこの様なシステムはないため、初めていくときには緊張するかもしれませんが、特に怖い思いをするような出来事ではないと思います。

今回は、チケットに書かれてある「ドリンク代」について少し深堀してみました。

ライブ後にお酒を飲むといつもと違うおいしさを味わうことができること間違いなしです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました