この曲だけでも聞いてみて

関ジャム企画『令和世代アーティスト48名が選ぶ平成の超名曲 BEST30』

この曲だけでも聞いてみて

10位 令和になる2週間前に配信!!ブレイクのキッカケとなった曲

日本のバンドサウンドの様相を変えてしまう事になった楽曲
ギターがただコードを鳴らすような音ではなく丁寧にアレンジされたメリハリと藤原さんのボーカルの重なりが、何度聴いても飽きさせない魅力になっている
baratti(Nagie Lane)

恋愛ソングの概念を変えた”最強恋歌”で平成の終わりを代表する名曲
竹中雄大(Novelbright)

今まさに現在進行形で最も影響力のある曲
10年後も20年後も歌い継がれる大名曲
atagi(Awesome City Club)※自身の1位に選出

誰もが体験したことがある気持ちを軽やかに歌われることで綺麗事で慰められるより、深く納得させられ前を向けてしまう曲
家入レオ

Official髭男dism / Pretender (’19)

 

 

9位 沖縄を拠点に活動 夏がピッタリのヒット曲

平成生まれのカラオケでこの楽曲は大定番です
3ボーカルという編成とセクシーな歌詞にインパクトを受けた
もりもりもと(ヤバイTシャツ屋さん)

小学生の時にとっても流行っていました
誰かが口ずさめば誰かが続きを歌う、そんな思い出が
アイナ・ジ・エンド(BiSH)

イントロを聴いた瞬間に歌のメロディーが浮かんでくる
黒川亮介(神はサイコロを振らない)

本当に学校の生徒全員が聴いていました。がっつりバンドサウンドで、歌詞もキワドイのにしっかりお茶の間に受け入れられるアレンジがされているのが凄いと思います
こやまたくや(ヤバイTシャツ屋さん)

 

ORANGE RANGE / ロコローション (’04)

 

8位 松嶋菜々子・滝沢秀明主演 大ヒットドラマの主題歌

日本が誇る揺るがない名曲。バラードの金字塔
行ったり来たりするようなメロディーとたまにくる大幅な跳躍のバランスが素晴らしい
バグベア(作曲家ユニット)※自身の1位に選出

本当に心の底から天才だと思う
15歳とは思えない大人すぎる表現、美しく繊細なメロディー
竹中雄大(Novelbright)

発売は僕が9歳だったのでリアルタイムでは聴いていませんでしたがいつ聴いてもメロディーの美しさに圧倒されます
谷口鮪(KANA-BOON)

この歳で冒頭のこの歌詞が書けるなんてすげぇ、とつくづく思う
Tina Moon

 

宇多田ヒカル / First Love (’99)

7位 個性派女性アーティスト アルバム曲ながら絶大な知名度の一曲

圧倒的にお洒落で都会的 言わずもがな最強です
くじら

当時からずっと色褪せない魅力を放つ一曲
洗練されたコード進行が、シティポップをはじめとした様々なジャンルの音楽に影響を与え続け”原点にして頂点”としての立ち位置を確立している
杉田春音(新東京)

どんな世代の方が聴いても、同じようにカッコいい・心地いいと思えるサウンドやリズム
さとうもか

アレンジによる幅の広さ、ライブパフォーマンスによってまだまだ広がり続けていく名曲です!!
長谷部悠生(Kroi)

椎名林檎 / 丸ノ内サディスティック (’99)

番組で放送されたライブ映像はこちら

6位 業界でもファン多数!!4人組バンド最大のヒット曲

小学校の時の林間学校に行くバスの中で聴いたのがキッカケで大好きになってしまい今も1番好きなバンド
子どもの時よく分からなかった歌詞が、大人になってから聴くと意味が深く理解できていく気がして、そういうのも味わい深い
アイナ・ジ・エンド(BiSH)

今の20~30代にとってのアンセム(象徴・定番)的楽曲
syudou(シンガーソングライター/ボカロP)

この時に出会った!という感覚がなく気づいたら口ずさんでいた聴くと今でも少年の心に戻れる曲
益田英知(Kroi)

この楽曲を聴いてギターやベース、ドラムを始めたロックキッズが僕ら世代はほとんど。
今もなお未来のロックスター達へ火を灯す不滅の名曲
柳田周作(神はサイコロを振らない)

曲への惹きつけ方がとんでもなく上手い
吉田喜一(神はサイコロを振らない)

バンドとしての美しさが全部詰まったような楽曲。素直にバンドサウンドや倍音の多いボーカルが音楽に熱中していた青春時代をフラッシュバックさせます
PORIN(Awesome City Club)

 

BUMP OF CHICKEN / 天体観測 (’01)

 

Youtube再生回数が1億回を超えました!
そして、2022年になって再レコーディングされました!

番組で放送されたライブ映像はこちら

5位 国民的人気グループ トリプルミリオン達成曲

小学校で組体操の時に使われていて好きになりました
ちゃんみな

日本だけじゃなく全世界で今もなお大人から子どもまで知られているイメージ
大原櫻子

物心ついた時から「名曲」としてずっと讃えられている
田中利幸(新東京)

当時ももちろん素敵なメッセージだと思っていたけど大人になってからより刺さる
自分で曲を作るようになってから思うのですが自分が伝えたいことのほとんどは最終的にこの曲のテーマに行き着く
長屋晴子(緑黄色社会)

セルフラブ精神が存分に詰まっている、誰もが自分を大切に思えるような包み込む優しさを持った曲
向井太一

この歌詞以上のメッセージはないと思うくらい、すっと胸に入ってくる優しい応援歌
バグベア(作曲家ユニット)

 

SMAP / 世界に一つだけの花 (’03)

 

4位 根強い支持を得る伝説的ロックバンド代表曲

私の青春の一曲です
kiki vivi lily

いつ聴いても胸を締め付けられる
あまりフォーカスされない、夏の終わり特有の侘しさをまるで独り言を言うように歌詞や歌で表現しています。その等身大なニュアンスに共感を覚えます
サビ前のギターフレーズからのピアノの駆け上がりがとてもドラマチック
PORIN(Awesome City Club)

日本人なら誰もが共感してしてしまうような歌詞の情景、世界観
baratti(Nagie Lane)

高校生の時にCDショップで流れていてあまりにも自分の心情とリンクしていて思わず立ち止まった
秋山黄色

体験したわけじゃないのにタイムスリップした気持ちになれる
やまもとひかる

夏が終わっていく夕暮れや街灯の灯りがつく時間の空気などを切実に感じられる。全詩がパンチラインなのがたまらない
くじら

キンプリみんな好きで仕事で疲れたなって時は田舎までドライブして帰りにフジファブリックを聴くのが絶対的な流れ
髙橋海人(King & Prince)

 

フジファブリック / 若者のすべて (’07)

このドラマでも使用されています

関ジャムのこちらの企画にも注目!

 

いよいよ3位から1位の発表です!皆さん予想はできていますか??

コメント