ライブレポ

ストレイテナー”Tour STOUT” @Zepp Tokyo(2011.2.5)

違うサイトで書いたライブレポをせっかくなので転載しております。数年前のレポばかりなので書き方(口調)が若いですがお付き合いください。

Stout:(作り・構造などが)強い,頑丈な,丈夫な

そんな意味を持つ単語を名前にしたアルバムをひっさげての対バンツアー

今日の相手はMo’some Tonebender(モーサムトーベンダー)!

事前にTSUTAYAで1枚、レンタル限定のCDを聞いて予習したつもりになっていました。

とりあえず、そのアルバムにはライブバージョンの楽曲が何曲か入っているのですが

『轟音につき、聞き取りづらくなっております。』

って、注意書き、なんだよw

そんなバンドだから身構えてたら、なんかベースの人があっちこっち行って、しまいにはベースをビームサーベルに持ち替えてたw

一体、何なんだろう、このバンドは。

途中の楽曲ではテルミンも使ってたっぽいし…

謎です。

グループ魂並に謎ですw

で、本日のメインイベントの始まり…までに結構待たされたけどねw

今日は初めてのひなっち側に来てみました。

なんか、しれっと前から4列目くらいでした。

ゆっくりと暗転し、DoshのSEが流れる。

いつもと変わりない始まり

しんぺいさんは今日もセンターマン使用のパーカーを着て来ました(気付いたら脱いでましたw)

SEが終わり、始まる1曲目
『VANISH』CDが発売されてからだと初めてだけど、ライブで何回もやってる曲だから、ノリ方がみんなわかっている曲

そして、もっとみんながノリ方をしっている曲の始まりをOJが鳴らし、シンペイさんスタート、そして、ひなっちは煽る!『KILLER TUNE』ひなっち側だからだろうか?オイコールとジャンプのリズム、全てが今まで一番しっくりくる感じだった。

演奏の狭間で
客「OJカッコイイ」
OJ(ピース)
OJが応えたw
ひなっちを見たらなんか寂しそうだったから
俺「ひなっちもカッコイイよ」
って、言ってあげたらなんか言ってたんだけど、マイクないから上手く聞こえなかったw
ホリエ「カッコイイOJからスタートするこの曲」
『プレギタ』
打ち込みによる始まりも好きだったけど、日本武道館で初めて聞いた徐々に音が重なり一気に爆発する感じのこの始まりもいいよ!

今回はSTOUTから全曲やるのかと思いきや、東京は4日5日で、披露する曲が若干違う感じで、でも変わらない部分もあって、

それが、『Lightning』『マンライク』『CLONE』だったりするわけだけど、この3曲とってもタイプがバラバラだし、前の曲とも違う

で、新曲『VANDALISM』も違う。この曲は演奏面、とくにシンペイさんの見せ場が多すぎる!今日、見えたのはひなっちが「こいつ、今からすごいことするぜ!」って、いう感じに演奏中に指差してたw
ただまぁ、ライブ映えするカッコイイ曲です。

そっから、『バーサーカー』『猫』と進み、終わり近くに『ネクサス』をやりました!

ネクサス久しぶり過ぎる!やっぱり、歌詞が良すぎるよね

で、最後に『メロスト』で締めました

『珍しく口を開いた…』とでもいいましょうか、メンバー紹介をしたのが印象的でした

今回のライブでわかったことは、クラリティで使うようだと思われていた、シャラララーンって鳴らすあれは随所で鳴らしまくってましたw

アンコールで、また新曲!
しかもまたやばい感じの曲!

早く新曲出さないかなぁw

2日目ということもあり、余裕が生まれた中でのライブはたくさんの笑いが起きる楽しいライブでした!

セットリスト

【『MO’SOME TONEBENDER 】
1.To Hell With Poverty
2.アイデンティティ
3.ダミアン
4.教祖様はスレンダー
5.Youth
6.Emperor Son & Sister Moon
7.We are luckyfriends
8.Lost In The City
9.hammmmer

【STRAIGHTENER】
1.VANISH
2.KILLER TUNE
3.SPEEDGUN
4.PLAY THE STAR GUITAR
5.BIRTHDAY
6.FREEZING
7.Lightning
8.Man-like Creatures
9.CLONE
10.VANDALISM(新曲)
11.BERSERKER TUNE
12.瞬きをしない猫
13.TODAY
14.CLARITY
15.ネクサス
16.Melodic Stome
~en~
17.SILLY PARADE(新曲)

コメント

タイトルとURLをコピーしました