ライブレポ

BUMP OF CHICKEN ” Silver Jubilee ” @ 幕張メッセ(2022.7.2)

ライブレポ

 

25周年はあっという間

 

 

なないろに輝くBUMP OF CHICKEN

それこそ時速200キロで進んでいるかのようにあっという間にBOCのテーマまで到着してしまった。
言い方は悪いが、2年8カ月待たされた身としては2時間くらいでは満たされない。

それ程までに枯渇していた状況であったが普段のライブでも滅多にお目にかかれない(むしろ今回が最後?)arrows、乗車権に出会えたのは嬉しかった。

文字ではなかなか伝えきれないが、とても嬉しいのである。とても、にこやかで爽やかな笑顔でこの文章を書いているのだがあまり伝わらないだろうが、フジケラトプス(?)くらい楽し気に書いている。

始まる前に予想はしていた。SEはThe Who「A Quick One While He’s Away」が流れ、藤原さんがギターを掲げてアカシアが始まる。その流れの中に肋骨を広げるストレッチをする姿が、予想に追加されたが概ねいつも通り。

いつも通り

この言葉が通用しなくなった2年8カ月の間、バンプはいつも通りじゃないメンバー編成でテレビ番組に出たりとなんだか色んなことがあったなと最初の段階でしみじみしてしまう。あの元気印が今回は少し大人しかったのは今回までにして欲しいかな?

幕張メッセでの座席有ライブというのも、いつも通りではないわけで、それを言ったら7月の幕張メッセも初めてだしあんなに冷房効かせてくれてありがとう。いろいろ費用掛かるよね、銀テープはまた今度お願いします(大きなお世話)

最近、藤原さんが一人で歌い始める曲の声の温かさというか振動にかなり揺さぶられるのですが今回はarrowsが抜群に良すぎて自然とメッセの天井を見てしまっていた。
”離れよう”を2回繰り返す印象的な部分で続けざまに”そばにいて”という歌詞に変わったのはとても自然なことだったのかもしれない。
”涙と涙が~”から少し盛り上がるところでこの曲の終わりが来てしまうことがとても残念だった。6分ほどの大長編冒険ごっこに連れて行ってくれてありがとう。

銀河鉄道では”ちょっと恥ずかしすぎるだろ”の少し笑うような歌い方が今回も聞けて何よりです。

リトルブレイバー、 乗車権が続いて頭の中に乗り物がたくさん流れてきたのはリトルブレイバーTシャツが頭を通り過ぎたから。

LITTLE BRAVE Tシャツ

そんなことを考えて乗車権はバスか、など少し脱線(結局、電車)。
乗車権についてはイントロがCD音源とは違うのですが、PEGASUS YOUのライブ音源を当日に聞いていたこともありばっちりでした、あれ歌いだしのタイミング難しすぎるだろ…

rayはピックを口に咥えてアウトロを演奏するわけですが、だんだん演出が凝っているような(今回は後ろからの照明でシルエット浮かび上がらせるパターン)。そして、終わり間際に拍手を求めるお茶目さん。それを繰り返すだなんてなんて素敵な43歳。

クロノスタシスが言いづらそうなメンバー、増川さんは噛まずに3回言えるのだろうか…。

「木漏れ日と一緒に」にsupernovaの面影を見たのは自分だけですか?

BUMP OF CHICKENのテーマも当日聞いていて、そういえば20周年時やってたからやるかもなって予想していた曲。2日目かもと思っていたけど初日でしたね。

すでに30周年が待ち遠しくなっているけど、アルバム出してツアーやって、PATHFINDERみたいな突発的なツアーもやって、途中フェスに出てくれたらあっという間かな?

セトリ

01. アカシア
02. Hello,world!
03. 天体観測
04. なないろ
05. 宇宙飛行士への手紙
06. arrows
07. Small world
08. 銀河鉄道
09. リトルブレイバー
10. 乗車権
11. Aurora
12. ray
13. オンリーロンリーグローリー
14. メーデー
【アンコール】
15. クロノスタシス
16. 木漏れ日と一緒に
17. BUMP OF CHICKENのテーマ

コメント