ライブレポ

ストレイテナー@新木場Studio Coast(2011.12.11)

違うサイトで書いたライブレポをせっかくなので転載しております。数年前のレポばかりなので書き方(口調)が若いですがお付き合いください。

LONG WAY TO NOWHERE TOUR

やっぱり、ライブっていいですよね
その時、その場にしか生まれない奇跡みたいなものを見てきました!とりあえず、セトリから01:A LONG WAY TO NOWHERE
02:CLARITY
03:VANISH
04:Ark
05:NEVERLAND
06:FREEZING
07:Lightning
08:REMINDER
09:YOU and I
10:氷の国の白夜
11:Man-like Creatures
12:KILLER TUNE 【Natural Born Killer Tune Mix】
13:VANDALISM
14:KINGMAKER
15:DONKEY BOOGIE DODO
16:CRY
17:瞬きをしない猫
18:Little Miss Weekend
19:プロローグ
20:The Novemberist
21:プレアデス
22:羊の群れは丘を登る
23:Melodic Storm
EN-1:TRAVELING GARGOYLE
EN-2:BERSERKER TUNE

わかってたことだけど、12月の新木場寒いよ!
今回のツアー初参戦だから羊Tを2種類買っちゃいました笑

1週間前のポリと比較するのは悪い気がするけど、ギュウギュウ感が始まる前からやばかった、1階と1.5階の階段も最終的には規制線が取っ払われて、階段にも人がぎっしり、しかも、係員が「前につめてください」ってアナウンスする事態だし、ただならぬ感じがひしひしと

で、暗転していつものSEでメンバー登場!
残念、ホリエさんは赤パンではありませんでしたw1曲目は予想通りA LONG WAY TO NOWHERE、で2曲目も安定したCLARITY、中盤から熱量が上がってきて、VANISHに流れ込む感じ最高です!!
やっぱり、テナーのスイッチは3曲目からですね!!最近よくやるArkを聞き終わったら、シンペイさんのカウントから始まって、3回叩いたから、てっきりクラッシュだと思ってたら、まさかまさかのNEVERLAND!
俺、これをライブで聞くことがあるなんて想像したことなかった、でも、やっぱりなんか盛り上がり方が違かった!

OJから始まるFREEZINGとLightningで小休憩をはさんだら、あらいやだ、REMINDERじゃないですか、最近、結構聞くから希少価値が失われ…まぁ、関係ないか!

氷の国の白夜のひなっちの入り方ヤバス!

で、今回やべーな!って一番思ったのはMan-like Creaturesの音を残しながらのキラチュンに繋いだあの感じが凄かった!
会場の雰囲気を一気に静から動に変えてしまわれました!

で、後半戦VANDALISM、KINGMAKER、DONKEY BOOGIE DODO、CRYと、繋いで最後にOJがトライアングルを持ってきたとき、場が盛り上がったwナイスチン!

で、怒涛のアッパー曲、猫、リスミス、プロローグ
ここらで20曲近くやってるのにまだまだ畳み掛けるテナーはやばかった

で、久々にノベンバを聞いて(OJのキーボードタッチがやっぱり、見慣れない)、で、若干繋ぎながらのプレアデス、羊を挟んで、いつものリフ、いつものシンペイさんのポージングにタオル、いつものメンバー紹介からのMelodic Stormは今まで1番のメロストだったかもしれない

アンコールにはTRAVELING GARGOYLE、BERSERKER TUNE
最後なのに、ひなっちが煽りがハンパないし、シンペイさんの開会挨拶よろしくの前口上もやばかったなー
新木場のバーサーカーに幸あれ!

で、今回の余談です

今回はMCが面白かったなぁw
しょっぱなから、「Now here!」とかホリエさんがぶっ放すし、それに対して、シンペイさんも、「落とし所見失ってんじゃねぇよ!」っていうツッコミが冴え渡ってました

昨日の新木場は演者から見てもわかるくらい、期待されてる感があったらしく、客の熱気で霧みたいなのが発生したらしく、
ホ「霧みたいなのが見えた」
シ「それは幻、もしくはお前の涙だ!」
ホ「いや、わいは見たんや」
シ「なら、わいにも見えるような熱い曲を」
猫~CRY 演奏
シ「本当や、わいにも見えた!」

なんていう、エセ関西弁による謎のやりとりが行われたり、なんだけのライブをやってる間になんていうやりとりをしてるんだか笑
ちなみに、MC中の間をみて「生きてて良かった」と「OJも霧、見えた?」は自分の発言でしたw OJがリアクションしてくれて嬉しかったですw

続いて、ひなっちのピックを拾った話なんですけど、
今回もひなっち側待機して、ピック弾きの度に最後の動きを目で追ってて、リマインダーが終わった後に投げられたピックが近くに飛んで、誰も拾った感じがしなかったので、ちょっと気にしてて(ユーアンドアイは上の空で聞いてました、ごめんなさい)
それでも見つからなかったので、諦めて、氷とマンライクを聞いてました。
で、その瞬間を迎えたわけですが、マンライクの終盤にかけてホリエさんのキーボードが炸裂する部分でレーザーライトが乱れ飛びながら、会場全体が明るくなった瞬間になんとなく下に目をやったら、ありましたピック
なんか、拾った瞬間が聴覚、視覚ともに夢か幻のような状態で拾ったので、キラチュンの後に確認するまで実感ありませんでした、いや本当に拾った瞬間があんな状態だったのが奇跡みたいでした。

でも、マンライクの後半はひなっちがピックから指に変わってたけど、もしかしてマンライクのピック……?まぁ、どっちでもいいんですけどね
ちなみに、ピックはすでに、ギザギザが刻み込まれてて、ひなっちの激しさを物語ってました。
これで、新木場ではOJのタオルに続いてのゲット。まさに奇跡の新木場(サカナのDVDも新木場だし)、相性が良いみたいです。
シンペイさんとは一緒に写真を撮ってるから、あとはホリエグッズをなにかゲットしたらテナーコンプか
果たしてどうなることやら

何はともあれ、テナー最高でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました