サイト運営に関して

AMP対応をやめて1週間…果たして何が変わる!?

サイト運営に関して

今日はサイト運営に関するお話です。

 

サイトを作ろうと思ってから、または作ってから、
Google Search Console
Google Analytics
Google AdSense

といった言葉を知り日々勉強しているところです。

私も始めてから4ヵ月を過ぎたくらいですのでまだまだひよっこなのです。

(4ヵ月のサイトの状態を数値化したものです。)

さて、今日はずっと頭を悩ませていたAMPについてのお話。

あいつ、AMP対応辞めたってよ

Google Search Console(通称:サチコ)を使ってから、初めて目にする言葉がありました。「Accelerated Mobile Pages(通称:AMP・アンプ)」です。

”アンプ直でろくにチューニングもしない”(吉祥寺)

ストレイテナー - 吉祥寺

このアンプなら見たことはありましたが、Googleのアンプは正直知りませんでした。

以前、こちらの記事でこんなことを書いています。

ざっくり言うと、スマホでWebページを開くのに時間かけたくないから、
簡単に開くようなWebにしましょうね

っていう感じです。

これを推奨しているのがGoogleさんなんで、
アドセンスでしつこくAMPの単語を見るのは納得がいきますね。

そして、一つ肝心なのはAMP対応していたほうが、
Google検索されやすいということ。
つまり検索上位に行くためには、
AMP対応が必要十分条件ということにもなります。

(https://anytimejrock.com/amp-problem)

そんな、人間が数ヶ月でAMPから離脱することを決めました。

離脱の理由

素人が故に、日々サチコンで更新されるAMPページエラー数に耐え切れなくなったのが正直なところです。

エラーについても、
「許可されていない属性または属性値が HMTL タグにあります。」や「タグ「amp-auto-ads extension .js script」がドキュメントで複数回使用されています。」など、素人には良く分からない単語が続き、Google検索しても思ったような回答が得られず、エラーを解消できない日々が続きました。

結果的に僕のサイトでは、最大36件のAMPエラーを出しておりました。

これは、精神衛生上よろしくない状況でして記事を書けば書くほどエラーが増えていくような状況でした。

一応、プラグやCocoonでの対応は行いましたが全然ダメでした。

なので、楽しくやるためにも一度離脱することにしました。

楽しいことでも、怒られたり、グチグチ嫌味を言われ続けたらやる気起きなくなりませんか?

それです笑

何をしたか?

簡単な話ではありますが、AMPに関するプラグインを一度「無効」にしました。
また、Cocoonの「Cocoon設定」→「AMP」にある「AMPの有効化」部分もチェックボックスから☑を外しました。

その結果、AMP対応していないサイトなので先ほど36件あったエラーが、見事9件になりました。

なんで、0じゃないの?と突っ込みたいところではありますがまだ何かダメなんでしょう。しかし、気にしなくてもいいということから多少の解放感があります。

結果は?

私も気になるところではありますが、AMPについて必死に頑張っていたということは、検索順位を上げたりといったことに繋げるためでした。

あらゆるAMP機能を失った私の検索順位、またはクリック率(CTR率)がどうだったかというと…

特に変わりありませんでした。

そもそもが弱小サイトのためさほど変化がないのかなとも思いますが…。

ストレイテナー - REMINDER

”そこから何かが変わっていくだろう”(REMINDER)
そんな日は訪れるのでしょうか…

まとめ

とりあえず、極端に掲載順位が下がるなどしない限りはAMP対応はせずに、楽しく過ごしていこうと思います。

MONOEYESの新しいアルバムがすこぶる前向きにしてくれる作品だったことも影響しているかもしれません。
コチラの作品については、何かの時に感想を書きたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました